4歳児でもお母さん?

子育て・育児

どうも4歳の娘と1歳の息子のパパのぜんじょうです。

子どもたちは日々すくすくと成長していってくれ、どこで覚えてきたの?というような言動や行動をしてくれるので毎日楽しく過ごせています。

スポンサーリンク

相手のことを思いやれる年齢

3歳ぐらいまでは自分中心で自分のやりたいようにやり、気に食わないことがあると大きい声を出したり、物に当たってみたりとなかなかのやんちゃぶりでした。4歳になると急にすべてが変わるわけではありませんが、少しずつ成長する姿を見せてくれるようになりました。

心身ともに余裕のある時は大人の私たちがドキッとするような大人っぽい気遣いをみせてくれることもありますが、疲れている時やお腹がすいている時などは一転して自分中心な考え方に戻って行ってしまいます。

幼稚園に行くようになり、集団生活をすることで相手のことを思いやれることを学んできているんだと思います。

母性本能の目覚め?

まだまだ4歳では本人には母性本能などは微塵もないとは思いますが、娘が息子と遊んでいる姿を見ると母性本能が目覚めてきているような気がします。

娘自身が弟と遊んであげている時は相手のことを思いやってあげ、弟に合わせて一緒に声を出し、身体を動かし同じようにやってあげることで小さい弟を楽しませてあげていました。

実際には母性本能とは生物の母親が普遍的に繁殖に関わる行動をする本能や一定年齢に達するまでの養育行動などと定義されているんで少し意味合いが違ってきますけどね。

最後に

子どもが4歳になると親としては何となく子育てがひと段落した感覚になります。昔ほど『三つ子の魂百まで』とは言われなくなってきましたが、やはり3歳までの子育ては大事だとされているので、そこを通過すると一安心してしまいます。

それに加え、時おり子どもが落ち着いた振る舞いやお兄ちゃん、お姉ちゃんっぽい表情を見せることで少し手が離れたかなと感じるものです。

しかし、4歳の段階ではまだまだパパやママに依存しています。パパやママと離れて過ごしている時間に解消できなかった不安感や動揺を『ぎゅーっとして』『抱っこして』と甘えることで解消していくのです。

大人っぽくなったと感じることがあってもまだまだ小さい4歳児です。あまり無理させず、たまには甘えさせてあげて、微笑みながら成長を見守っていってあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました