脱毛している方必見!!毛周期(もうしゅうき)って知ってますか?

ヒゲ脱毛

どうもひげ脱毛に通い始めて1年半のぜんじょうです。

正直、私は全く毛周期(もうしゅうき)という言葉も知りませんでした。

ただ、脱毛に通っている方には大事なことで、この言葉を知っておいて損はないので、少し毛周期について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

そもそも毛周期って何?

毛周期とは『成長初期→成長後期→退行期→休止期』の4段階サイクルを繰り返す、毛の生え変わる周期を指します。

引っ張っていもいないのに、髪の毛やまつげが自然と抜け落ちるのは、成長期を終えた毛が休止に入るからです。私もすごく毛深いので休止に入ってしまった毛が抜けてしまい、掃除するのが大変です。

上記の情報だけでは毛周期と脱毛はあまり関係ないように思えますが、脱毛時に反応するのは成長期の毛だけです。退行期や休止期の毛にはほとんど反応しません。毛周期を無視して脱毛することは出来ません。

脱毛に適した毛周期

医療レーザー脱毛はムダ毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応する仕組みで、毛を再生するもとである毛乳頭を破壊する為、成長期の毛がもっとも脱毛効果が高いです。

逆に退行期や休止期のムダ毛は成長期の毛と比べ『メラニン色素』が薄いです。また成長期と違って毛と毛乳頭が根深く繋がっておらず離れています。簡単にいうと退行期や休止期は医療レーザー脱毛が反応できない条件が揃っている状態です。

そのため脱毛を受けても、ムダ毛を再生する元となる毛乳頭を破壊出来ないため、脱毛効果を得られないのです。

私も前回のレーザー照射の時はYAGレーザーの1回目よりも痛みが少なくなり、毛が薄くなったと喜んでいましたが毛周期が退行期や休止期になっていた可能性が高いです。照射間隔は2ヵ月しかあけていませんでしたが、もう少し間隔をひろく取ったほうが良かったのかもしれません。

口周りのひげの毛周期

具体的に成長期と休止期がどれぐらいの期間で入れ替わるのでしょう。

口周りのひげの場合は4ヵ月~1年は成長を続けた後、休止期に入り毛が抜け落ちます。そして2~3ヵ月の休止期を終えると再び毛が生えるというのを繰り返します。

ただ毛周期には個人差があり、ムダ毛1本1本違うタイミングで生え変わる為、同じ部位でも成長期を迎えている毛もあれば、退行期の毛があったりとバラバラです。

毛周期に合わせた脱毛間隔

毛周期は部位によって1本1本バラバラな為、すべての毛が成長期に入ったタイミングで脱毛することは不可能です。

ただ成長期が多いタイミングで脱毛することは可能です。

2~3ヵ月に1回のペースで脱毛すると成長期の毛がもっとも多いと言われていますが、私自身は2ヵ月間隔で照射していましたが効果が出るまでにかなりの時間がかかっています。自分にあった毛周期を見極めて照射することで効率のよい脱毛を目指していきます。

最後に

まだまだ自分が知らないことがたくさんあり、知っていることでより効果的に効率よく物事が進むことがたくさんあります。

今の時代、ネットでたくさんの知識が溢れていますが、そのことを知るきっかけがなければ調べることもないと思います。

同じような悩みの方が知ってもらえるきっかけになればいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました