子供連れで行ける関西オススメスポット〜ヤンマーミュージアム〜

子育て・育児
DSC_0914

どうも、子供たちとお出かけを楽しんできたぜんじょうです。

今日は普段子育てで頑張ってくれている妻の為に私が子供とお出かけをして妻に息抜きをしてもらうための日です。

産まれたばかりの下の息子は実家に預けて、3歳の娘と妻の友達の子供たち(小学5年生と2年生の女の子)とでヤンマーミュージアムに行ってきました。

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

スポンサーリンク

ヤンマーミュージアムって何?

農耕器具メーカーのヤンマーが運営する滋賀県長浜市三和町にある博物館です。

ヤンマーの創業100周年の記念事業として滋賀県研究所跡地に2013年3月21日に開館しました。

ヤンマーの創業者である長浜市出身の山岡孫吉の功績やヤンマー製品、エンジン事業内容を展示している。

また、ショベルカーや開発試験用の建設機械の操縦、ボートの操縦のシュミレーターなどが体験出来ます。

2019年10月5日にリニューアルオープンしたばかりなので来場者がめちゃくちゃ多いです。私も事前予約をしていましたが駐車場が満車で時間通りに行っても入場することが難しいです。

近隣にも有料駐車場はたくさんありますが近くには黒壁スクエアなどの観光地もあるために土日などはどこも満車になることが多いです。出来るだけ時間に余裕をもって行かれることをオススメ致します。

見て・触れて・体験しながら学ぶことが出来るヤンマーミュージアム

入場する際に大人と小学生以上の人数分カードをもらうことが出来ます。それをさまざまな体験ブースで得点化して遊ぶことが出来ます。

①LANDエリア

大地をテーマにしたLANDエリアでは、食料生産を体感する『たがやせ!フィールド』やエンジンの動きとリズムに合わせて、体を使ってエンジンの仕組みを学べる『リズムエンジン』などのコンテンツを体験できます。

②CITYエリア

都市をテーマにしたCITYエリアでは、高さ約6mのボルダリングに挑戦して街に光を灯す『サステナブルエナジークライミング』や、小さな子どもでも楽しめる『キッズエナジーアスレチック』、本物の建設機械の操作体験が出来る『ざくざく!パワーショベルチャレンジ』を体験できます。

③SEAエリア

海をテーマにしたSEAエリアでは、人と自然が共生する漁業をテーマにした『マイフィッシュ マイオーシャン』やオリジナルプレジャーボートを操作体験する『ウェイクサーフィンボートレース』を体験できます。『ウェイクサーフィンボートレース』にはヤン坊、マー坊が登場し、ウェイクサーフィンに挑戦します。

その他のコンテンツ

シュートを打って高得点を狙う『フットボールチャレンジ』や、食やエネルギーなどに関する様々なクイズ・ゲームに挑戦する『チャレンジ+』のほか、2階にはヤンマーの歴史を学べる展示エリアがあり、世界初の小型ディーゼルエンジン『HB型』を展示。琵琶湖の自然を再現したビオトープや発電機の廃熱を利用した足湯が楽しめる『ヤンマーテラス』など、ヤンマーの取り組みを体験することが出来ます。

まとめ

今回は小学5年生と小学2年生と3歳の子どもたちと遊びに行きましたが、全てのアトラクションでそれなりに待ち時間があるので待ち時間をうまく潰してあげる方法を考えとかないと小さい子どもは飽きてしまうかもしれません。

小学生ぐらいになると制限もなく遊べるのでオススメです。

ただ、屋内施設ですので天候に関係なく身体を動かしながらたくさんのことを学べるので子連れで出かける先を探しておられる方は検討してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました