前日に作った筑前煮の残りでアレンジ料理を作ってみた

趣味

どうも、元調理師のぜんじょうです。

普段、休みの日は趣味で家族に簡単な料理をするんですが今日は前日に作り過ぎて余ってしまった筑前煮のアレンジレシピについて書いていきます。

スポンサーリンク

そもそも筑前煮って?

筑前煮は現在の福岡県北部、西部にあたる筑前地方の郷土料理です。

鶏肉、ニンジン、レンコン、ゴボウ、コンニャクなどの具材を油で炒め、砂糖と醤油で味付けし甘辛く煮ます。

『煮る前に油で炒める』という点が普通の煮物と大きく異なります。

油で炒めることによりコクが出て、さらに具材が油でコーティングされるため似た時にアクが出にくくなるというメリットがあります。

この違いから筑前地方独特の煮物という意味で「筑前煮」と呼ばれています。

私はプラスで干し椎茸を戻したものと戻し汁も加えて作りました。

作り過ぎてしまった時には

料理を作る時に残らないように調整して作るのがうまくないので料理が次の日に残ってしまうことがよくあります。

次の日も同じものを食べても煮物などは味が染みて美味しいんですが、流石にたくさん食べると飽きてきます。

そんな時は色んなアレンジ料理をしてみることをオススメ致します。

今回はスーパーに行ってキャベツが安かったのでお好み焼きで筑前煮のアレンジ料理を作ってみました。

筑前煮✕お好み焼き アレンジ料理

普段はお好み焼きの生地を作る際は山芋を入れたり、小エビを入れたりしますが今回はいつもの生地に細かく刻んだ筑前煮を投入しました。

普段から豚肉のお好み焼きが好きなので今回も豚筑前煮お好み焼きにしました。

元々お好み焼きと相性が良いと思ってたコンニャクだけではなくレンコンやゴボウなどの根菜も歯ごたえがあって新しい発見でした。

まとめ

今まで自分が食べたことなかったり味の想像が出来なかったりすると挑戦すらしないことがありますが今回は結果的に美味しく頂くことが出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました